月の下で本を読む

好きなものや興味あることを自由気ままに書き散らしています

「七つの会議」は好きでしかない萬斎が満載

先日はたまたまWOWOWでやっていた『七つの会議』をながら見。

 

あらすじ

七つの会議

七つの会議

  • 発売日: 2019/09/11
  • メディア: Prime Video
 

都内にある中堅メーカー・東京建電。営業一課の万年係長・八角民夫は、所謂“ぐうたら社員”。課長の坂戸からはその怠惰ぶりを叱責されるが、ノルマも最低限しか果さず、定例の営業会議では傍観しているのみ。ある日突然、社内で起こった坂戸のパワハラ騒動。 そして、下された異動処分。訴えた当事者は八角だった。そんな中、万年二番手に甘んじてきた原島が新課長として着任する。成績を上げられずに場違いにすら感じる原島。誰しもが経験するサラリーマンとしての戦いと葛藤。だが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた。

 

 

バレるのに嘘をつく人間の性

原作は「倍返しだ!」でブームになったドラマの原作者と同じ、池井戸潤さん。私はそのドラマは見なかったけれど、その後に杏が主演していたドラマは見ました。杏ちゃん可愛い。

なぜ、嘘をつくのか

人は誰だって嘘をつくと思う。自分のため、他人のため。利益のため、逃げるため。嘘をつく理由はいろいろあるけれど、まったくバレないのは小さなものやよほど徹底的にしているときだけじゃないかな。

いつの時代だって偽装とか、虚偽報告とか、重大な嘘が露見して問題になります。当事者でなければただのニュースでしかない。だから、同じことはやめておこうとは思わないんだと思います。

ただただ人間的にクズってこともあるけど、サラリーマンとかは会社や上司からの重圧や厳しいノルマが正常な思考を奪うこともあって。いつだって繰り返されてきていることかと。

なぜ、隠すのか

不祥事が発覚したところで、会社の偉い人たちは隠したがるんです。表沙汰にならずに処理できたら一番。現場に居ない人は特に、自分が命令したわけでもないのにってなるのもわからなくない。自分が直接雇ったわけでも、命令したわけでも、仕事を与えたわけでもない。

「フザケンナ!」ってなるのはわかるけど、でも偉い人たちは偉いなりの責任を負う必要があるんだもんね。言い訳してんなって思いますよね。

弱いからこそ嘘が出る

平社員にしろ、社長にしろ、会社にしろ、仕事として稼いでいくには実績とお金と評判は大事で。正直者はバカを見るじゃないけど、とにかく優しくてホワイトで平和な仕事しているだけじゃ取り残されてしまう焦燥感ってあるんじゃないでしょうか。

会社を大きくしたいとか、出世したいとか、お金が欲しいとか、欲があるから嘘もためらわなくなってしまう。人間って弱いから嘘ついちゃうんだな~って見ながらなんとなく思いました。

 

 

キャストが濃い、話は重たさ少なめ

あんまり難しいこと考える頭はないので、不祥事や嘘のことはこれくらいにして。

ストーリーはもっと重たく楽しみたかった

2時間ほどの映画に話がぎゅっとされていて、伏線回収の仕方とかも面白かったんだけど「偽装と隠蔽」っていう重たいキーワードがちょっと軽く感じました。もっとじっくり腹にくるような重たさであっても楽しめそうなので、ドラマとかで見たい気もします」。

駆け足っていうわけじゃないと思うんだけど、話があれよあれよと展開していくからかなー。

とりあえずキャストで見ていいでしょこれ

でもね、キャストはすごい。映画公開前にキャスト見て、めちゃくちゃ興味持ちましたもん(結局そのときは見に行けなかったんだけど)

野村萬斎がぐーたらサラリーマン。でも実はエリート街道歩きそうな人だったとか、正義感強いとか。せーの、

 

 

性癖~~~!!!

 

 

陰陽師の野村萬斎が一番性癖って思ってたけど、ぐーたらサラリーマンもやっばい。好き以外の言葉が出てこない。あ、性癖って言葉はでてきた。

ひよった感じの上司役及川光博も眼福だし、意外と嫌味キャラの藤森慎吾も上手くて良かったです。個人的に、鹿賀丈史が大好きなので渋み増してるえらいさん役ってのも満足。

話は重たいけど軽い感じで見れるし、なにより豪華って感じのキャスト見てるだけで楽しかった! なんというかね、野村萬斎はいいぞ!!!!!の一言に尽きる。

 

 (2021年1月6日加筆修正)